「Cosa Ordinaria」 を終えて・・


『今回の公演「Cosa Ordinaria」のテーマは「ありふれた日常」です。平凡な人生の中に
誰もが持つ輝くような瞬間を各シーンのテーマとしました。
人生の流れを一日の流れと照らし合わせ、一つの物語を作ってみました。
フラメンコという表現手段のみを使って物語る事が今回のチャレンジでした。


公演を振り返ってまず思うことは、フラメンコを踊りきった、というようり
「Cosa Ordinaria」という作品を作り終えた、という感慨です。
映画を一本撮り終えたような気持ちです。


私が表現したかった「さりげない日常の出来事」(フラメンコにふさわしいテーマとは思えない・・・)は観て下さった方々に伝わったようで、「今までに観たことのないフラメンコ」とのご感想を多々いただきました。
形やテクニックにこだわる事無く、(けれど、どのシーンもフラメンコのみの演目で)自由に描きたい世界を表現できたこと、そして何より私がフラメンコを始めて以来ずっと目指してきた「全員が一丸となって一つのものを作り上げる」ことの満足感と感動を味わえたことに大きな喜びを感じています。』
 
フォトギャラリースライドショーへはこちらから

HOMEへ戻る